学生ローンの利用目的

多様な金融商品がある中から、学生ローンを利用しようと考えている人が存在します。
学生ローンでは、その名の通り、学生が融資の対象となっています。
学生ローンの利用に際しても、一般のローンと同じように事前審査を受けて、通過する必要があります。

そのように、学生ローンの審査を受けるに際しては、その利用目的や借入れた資金の使途をどのように伝えるかが非常に重要な問題となります。
例えば、車やオートバイ、スクーター、楽器、PCなどの購入、旅行、住所移転、運転免許証取得などのための費用に充てる場合、基本的に問題はありません。
また、学生という立場からすれば、学費に充当するという理由で利用することももちろん、可能となります。

その一方で、学生ローンを利用しようと考えている人は、自身と、資金の貸付けを行なう業者とでは、立場や利害関係が異なり、自分にとってニーズが高くても、返済能力が無いと判断されて審査に落ちる可能性があるのを認識しておくことが大切です。
例えば、借入れ資金の使途が歯科矯正・美容整形手術費用などの場合、審査の通過自体は可能なものの、融資によって全額がまかなえるかどうか、微妙になります。
また、一時的な出費などによるのではなく、慢性的に生活費が不足していると、返済能力がないと判断される可能性も存在します。

こちらのサイトでは、学生ローンを利用しようと考えている人のために、申込みの際の利用目的の伝え方について解説します。